【朝株】重大発表!「ストックライジング」(異次元上昇銘柄の抽出法)の販売に関する詳細を決定いたしました!

2015年2月5日

こんばんは!朝株トレード手法の佐藤です。
いつもメールマガジンをお読みいただきありがとうございます。

さて・・・お待たせいたしました!

最近メルマガで記載させていただき、
その後多くの方から
「いつ発売開始するの?」
と質問殺到だった朝株トレード手法の最新版、
その名も

『ストックライジング』

の発売に関する詳細が決定しましたので、ご報告させていただきます。

発売開始日時は

2月14日(土)★バレンタインデー★ の12時00分(正午)

です。

今回は、「朝株トレード手法」、「朝株トレード手法プラスV」の購入者様に【限定】させていただく販売となります。
また、販売期間も2月28日(土)23時59分59秒までに【限定】させていただきます。

2月14日(土)12時に、朝株シリーズ商材の購入者様のみにメールで販売サイトのURLのご連絡をさせていただきます!(メルマガスタンドの都合上、1時間程度遅れて配信される場合があります)

※朝株シリーズ商材をご購入いただいたASP(インフォトップ、インフォカート)に登録していただいているメールアドレスに送付いたします!

そして、気になるそのお値段は。。。

23,800円(税込)です!!

今回もたった1日、2日程度の商材による株取引の利益で元が取れてしまう値段に設定させていただきました!

メルマガをお読みいただいている皆さんは、どんな内容か、お小遣い稼ぎのイメージも含め簡単に想像できちゃいますよね☆

ところで。。。
メルマガで配信した「異次元上昇銘柄の抽出法」で驚くのはまだ早いっす(^v^)
今回の「ストックライジング」は、朝株シリーズ最強版!!

先日のメルマガでもお伝えさせて頂きましたが、今回のテキスト「ストックライジング」は、あまりにも反響が大きい為、2月28日いっぱいで販売を打ち切ります!

最初にご購入者頂いたお客様の利益を第一に優先したいとの考えからこのような決断となりました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「ストックライジング」の特徴

今回のテキストは、朝株シリーズ最強版!!
「朝株トレード手法」や「プラスV」よりも最優先の手法だけを集めました。
今までと同等の手法をご紹介しても困惑するだけ(逆に迷惑)なので、同等の手法を増やすのは意味無し!
何よりも優先して使うべき手法だけを集めました。
(朝株とプラスVの価値が毀損されるわけではありません!)

メルマガで「明日の注目銘柄」を1月15日から1月30日まで半月間連続で毎日銘柄を公開してきましたが、 その銘柄は全て「ストックライジング」の4番目の手法である「異次元上昇銘柄の抽出法」を使い全銘柄を抽出しました。

的中率は100%!全14銘柄の平均上昇率は+16.6%!
上昇の次元が違うことや的中率の高さは、メルマガをお読みいただいた皆様が十分に実感いただいているかと思います。

この「異次元上昇銘柄の抽出法」は、誰でも(株取引のド初心者の方でも)超簡単に銘柄を抽出することができます☆

抽出にかかる時間は??
答え:30秒あれば十分です。ネットを開いて5秒でもいけますが(^_^)

私がメルマガ内の「明日の注目銘柄」にコメント(注目理由)を書いてきましたが、あれは後付けでしかなく、抽出した銘柄をテクニカル的に見てコメントをしているだけです!
なので、チャートを解読する知識や、テクニカルなどの知識も一切必要ありません!
私と「全く同じ明日の注目銘柄」が前日に抽出できちゃうんです!!

ほぼ100%に近い確立で大きく上昇するので、「異次元上昇銘柄の抽出法」で抽出された銘柄は「迷う必要が全く無い」、「全てが最重要注目銘柄」となります!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

その他にも1回の取引だけで(朝株で獲得できる)10日分の利益を稼げてしまうほどの強力な手法もあります!
例えばこんな感じ↓(チャート画像をアップしましたのでご覧ください)

http://asakabu.com/freereport/stockrisingimage.jpg

私が昔から気になっていたこのようなチャート。
新しいニュースもIRも無い。上昇する材料が全く見当たらないのに、どうして一気に急上昇するんだろう???

かなりの時間と人脈を使い、この情報源を突き止めました!!
この手法も今回の「ストックライジング」に含まれています☆
それマジっすか??
マジです!
だから今回のテキストは、朝株シリーズ最強版!!なのです(^_^)

それでは、2月14日(土)12時をお楽しみにして下さいね☆

  • Facebookもチェック

  • twitterでは特殊情報も

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • PAGE TOP
    Copyright(c) 朝株ドットコム. All Rights Reserved.